中小企業の為の、人財マネジメント、組織活性化コンサルティング

京都府社会保険労務士会の就業規則研究会に参加しています

最近、長時間労働をめぐる様々な社会問題や政府が掲げる働き方改革推進の動きもあって、働き方のルール「就業規則」への関心が高まっています。
就業規則に関して、さまざまな規模・業種の企業様からのご相談も増えているため、我々社会保険労務士も日々研鑽に励んでいるところです。
私が所属する京都府社会保険労務士会には各種研究会がありますが、「就業規則研究会」では、原則として月1回会員が集まり、テーマを決めて、発表や議論を重ねています。
参加の先生方は30名近くいらっしゃいますが、本年は運営担当責任者に指名されたこともあり、研究会がスムーズに運営でき、参加メンバーの方々が意義を感じていただけるよう、ひいては企業様のお役に立てるよう、力を尽くしていきたいと考えています。
就業規則に関するご相談がありましたら、お気軽にお問合せください。